結婚式が雨だと一生幸せになれるのは本当?

結婚式が雨だと一生幸せになれるのは本当?

昔から、世界中には結婚式に関してはいろんな言い伝えやジンクスや迷信などがありますが、その一つに「結婚式の日が雨だと一生ずっとにしあわせになれる」というのがあります。
では、実際のところこれは本当なのでしょうか?いいえこれは全く迷信であり、当日が雨だと一生に幸せになるということはありませんし反対に、晴れの日だと結婚生活は自分自身が不幸になるということもあり得ません。
幸せになれるかどうか、夫婦仲良くやっていけるかどうかは天候や日付や場所などには依存していません。
お互いがお互いの良いところも悪いところも受け止めて、むつかしい問題や状況が生じたとしても夫婦として生涯を共に歩むという固い決意をもとにやっていくことが大切です。
結婚式の日が雨だと何かと不便が生じたり、足元が悪くなってしまいますので自分自身のみならず、招待した方たちが安全に過ごせることが出来るように気を付けることはとても重要なことといえます。

ヨーロッパでの結婚式をあげたい場合について

結婚式は、新しく家族となる人生の伴侶と共に迎える、人生の最も大きなイベントの一つです。
その大切な節目のイベントを、おもいっきりロマンティックに演出されたいと考えていらっしゃる方も多いと思います。
特に女性の方は、幼い頃から純白のウエディングドレスやベールを纏い、素敵なチャペルで挙式をあげられることを夢見てきたことでしょう。
そのような演出を望まれる方の場合、いっそのこと本場のヨーロッパで結婚式をあげられることも可能です。

ハワイでのウエディングは最近増えてきましたが、ハネムーン旅行でヨーロッパに向かい、そこで結婚式をあげるのもとても素敵です。
ただし日本と違い、治安への不安や言葉の壁などの問題があります。
また、教会によってはその宗派のキリスト信者でないと式ができない場合もあるので注意が必要です。
大切なウエディングを安心して迎えることができるように、旅行会社等のプランを検討し、プロに相談なさることをおすすめします。